• Lemongrass KIYO

第19回「はじめてのフラワーアレンジメント」レッスンレポート

こんにちは。

明けましておめでとうございます。


1月12日に、今年初めてのレッスンを行いました。

連休の中日でしたので、参加者は2名と少なかったのですが、

とても素敵な作品が出来上が出来上がりましたので、

シェアしますね。


今回は水仙と菜の花、青文字(楊枝の材料にもなる小さな花が咲く木です)

をつかった、「春のフリースタイルアレンジメント」です。


今回はフリースタイルと言いつつも、

「水仙に袴をはかせる」テクニックを学んでいただきました。

長さを変えた時に、水仙は花と葉がバラバラになってしまいます。

そして、葉の向きを自分の望むようにするために、

バラバラにしてから、水仙の根元にある袴を再度被せて、

自分好みの水仙にすることです。

















まずは、生け花のような作品から。

本来ならば、器を選択して、吸水フォームを見えないように

しなければならないのですが、レッスン用の器ですので、

吸水フォームが見える点は、無視して下さい。

水仙の葉の長さ、量、向きなどを丁寧に計算し、

水仙も全部は使わず、他の花材もあえて使わずに、

水仙と菜の花1本、青文字で作られたスッキリとした作品です。

中心に水仙を丁寧に配置しながらも、

青文字を左方向に螺旋しながら下がるように配置したことで、

静と動が混在する、素敵な作品になっていますよね。

丁寧にお花を配置することで、

花の量をたくさん使わなくても、

作品として素敵なものが出来るという、

良いお手本だと思います。

水仙の凛としたたたずまいと、

これから咲くであろう青文字の花が、

春を待ち望み、祝うような雰囲気を醸し出していますね。
















こちらは前作とは対照的な作品ですね。

形としては「ファン(扇)」になっていますね。

上手く水仙の葉を使うことで、動きもあります。

また、浜菜(白い花)を散りばめることで、

黄色が集中しやすい花材の中で、

可愛い小さな花が、元気さと華やかさを加えています。

水仙の配置もきちんと、花の性質(縦方向の勢いがある花)を

残しながらも、縦ばかりにベクトルが向かないように、

お花を配置しているのが素晴らしいです。

これが、水仙を斜めに配置しすぎると、

水仙の特徴を消してしまうのです。

また、青文字を点在させることによって、

キラキラ感もありますし、

今後、青文字も菜の花も花を咲かせますので、

その時は更に作品が、春の喜びを表すものになる事でしょう。

「春が来て、嬉しい!」という気持ちが伝わる作品ですね。



こうして、両者を並べてみると、

それぞれが本当に違う個性を持って、

素敵だと思いますよね。

同じ花材でも、与える印象も、雰囲気も違う。

それを表現できるのは、生徒さんが

自分の創造性を、形にできる技術があるという事です。


今年も「Happy Flowers」は、

「お花のある生活を楽しむ」ということをテーマに、

皆さんの創造性を刺激しながら、

生徒さん内でも、他の方からインスパイア―されつつ、

楽しい2時間を過ごせる会にしていきますね。


いつでも新しい生徒さんを募集しています。

毎月の参加はご都合のつくときだけでOKです。

もちろん、赤ちゃんからお子様連れまでOK。

(ただし、怪我については責任は負えませんのでご理解ください)

今、小学生生徒さんを含めると、16名の登録があります。

それでも、毎回6名程度で開催しています。


殆どの方が、未経験者ですので、

安心してくださいね。


参加を希望される方はいつでも

kiyo.happyroom@gmail.com

までご連絡ください。


次回は2月15日(土)14時~17時(ティータイムあり)

岩戸地域センター、調理室です。


来月も、皆さんの参加をお待ちしております!


KIYO

#LemongrassKIYO #オンラインカウンセリング #レモングラスキヨ #マインドフルネス #女性カウンセラー #狛江 #大人の習いごと #フラワーアレンジメント #お花教室

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

© 2018 by KIYO, Proudly created by Wix.com