• Lemongrass KIYO

第20回「はじめてのフラワーアレンジメント」レッスンレポート


レッスンレポートが遅くなってしまい、

申し訳ありませんでした。


2月15日(土)に開催しました、

記念すべき、第20回の「はじめてのフラワーアレンジメント」の

レッスンレポートをお届けします。


お忙しい時期だったので、

3名の参加者でしたが、

皆さん、腕が上達して、

たった30分ほどで作品が仕上がりました。


テーマは「春のフリースタイル」

皆さん、それぞれの「春」を表現した作品を

お楽しみください。


花材は、啓翁桜とチューリップ、菜の花と 名前を私が忘れてしまった白いスプレー的なお花でした。
















こちらの作品は、チューリップの伸びやかなラインと 色合いがまさに、春=Spring(伸びあがる)ようなイメージを

表していますよね。

そこに、沿うように菜の花が同じように、

放射上に上へと伸びやかに配置され、

啓翁桜が上品にその周りを優しく見つめている感じがしますね。

下部にスプレーの白をふんわりと配置したことで、

上に重心が持っていかれがちなところを、

上昇感のあるベクトルのふんわりとした起点にしていますね。

春の芽吹く勢いと、春の柔らかな雰囲気の両方を

併せ持った、素敵な作品ですね。

















先の作品と似たような配置に感じるかもしれませんが、

チューリップや啓翁桜、菜の花を基本的には、

垂直的に配置していますね。

しかし、左側のチューリップの葉、

右奥の菜の花が、少し斜めに配置されていることで、

単調にならずに、広がりのエッセンスがきちんと入っています。

同方向にお花を配置することで、

単調になりがちですが、チューリップの高低差が

絶妙かつ、真ん中ではなく、少し左に中心を持ってきているので、

安定感がありつつ、色合いで動きが出ていますね。

ちょっとした遊び心が、作品を一段階上のレベルにしてくれている

良い例かと思います。


















こちらの作品はグルーピング(同じお花を同じ場所に配置する)の

良い例でしょう。

下部はスプレーでふんわりと温かくまとめて、

左下にチューリップを高低差を持たせて、

仲良くまとめてあげつつ、

葉はチューリップよりも高く左上に伸びていることで、

右上の菜の花とのバランスが取れています。

菜の花は、菜の花らしく、真っすぐと高めに、

啓翁桜はその枝ぶりをそのまま活かして、

高い位置に配置する。

本来であれば、なかなかバランスがとりにくいのですが、

下部のスプレーが大きめになっていることで、

上部の高さや空間性を支えています。

単調になりがちなグルーピングですが、

この作品は春の物語のように、逆にグルーピングすることで、

お花からお花への春のバトンが渡されているような作品ですね。



いかがでしたか?

同じ花材であっても、

同じようなデザインであっても、

ちょっとした要素で、その人の個性や、

作品に物語性が生まれますね。













フリースタイルをフリーに出来るのも、

基本のフォームの練習のお陰だと思います。


これからも、皆さんが楽しみつつ、

腕を磨けるように、

フリースタイルと、フォームやワイヤリングなどの

スキルアップのレッスンを混ぜながら、

楽しい会にしていきたいと思いますので、

楽しみにしていてくださいね。



また、この会では、

いつでも新しいメンバーを募集しています。


月に一回、土日のどちらかで、

狛江市の岩戸地域センター(小田急線喜多見駅徒歩7分)

で会費2000円で行っています。


お子様連れもOK、

そしてお子様のレッスンは500円ですので、

是非、お花のある生活を楽しまれてみませんか?

ご興味のある方は、

kiyo.happyroom@gmail.comまで

ご連絡いただければと思います。



#LemongrassKIYO #オンラインカウンセリング #レモングラスキヨ #マインドフルネス #女性カウンセラー #フラワーアレンジメント #狛江 #習い事

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

© 2018 by KIYO, Proudly created by Wix.com