• Lemongrass KIYO

第11回「はじめてのフラワーアレンジメント」レッスンレポート

こんにちは。


今回は2月17日に行いました、

第11回目の「はじめてのフラワーアレンジメント」のレッスンレポートを

お届けします。


今回のテーマは「ボックスフラワー」。

ニコライ・バーグマンが発端となり、大ブームになりましたよね。


お家にある箱や缶などにアレンジして、

センターテーブルに飾っても素敵ですし、

箱なので、宅急便等で送ることも、

お友達のお家にプレゼントで持っていくにも便利です。


そして、割と簡単に出来てしまうので、

お勧めです。


生徒さんには、ご自宅にある箱や缶、重箱などをお持ちいただき、

アレンジしていただきました。


箱や缶の箱を閉めないタイプで作っても華やかですよ。


それでは、生徒さんの作品をご覧ください。



まるで万華鏡を覗いたかのように、対照的にお花を配置されたのが、

神秘的な印象と華やかさを与えていますよね。

デンファレに包まれた、黄色とピンクのスイトピーの柔らかい雰囲気

そして、コーナーにしっかりとしたマム(菊)が配置されているので、

箱全体の世界観をしっかり整えてくれていると思いませんか?

自分のイメージをきちんと作品に仕上げられることは、素晴らしいですね。




こちらは、デンファレをふんだんに使用した作品。

デンファレを引き立てるように黄色とグリーンのマムが低い位置に配置されています。

ところどころにグリーン(葉)があるので、切り花を使っているのですが、

南国の楽園?自然を感じさせてくれますよね。

ただただ、お花を配置するのではなく、箱の中にも高低差をつけたテクニックが良いですね。

品も感じさせてくれる作品で、南国リゾートホテルに飾られていそうです。




こちらの作品は蓋がギリギリしまる作品です。

黄色のマムを上側に、デンファレを下側にグルーピングしたことで、

黄色のマムの色合いから、温かさが感じられて、

デンファレの華やかさもありながら、落ち着いた品の良い作品になっています。

ところどころのグリーンのマムが、色彩のアクセントになり世界観が整っていますよね。

作った人の人柄が現れている様にも思います。




こちらは、小学生の生徒さんの作品です。蓋も閉まります。

小さな缶にお花がいっぱい詰まっていて、蓋を開けた時、

誰もが、幸せなお花の国に引き込まれるような、夢のある作品です。

デンファレの使い方、マム、スイトピーの使い方も丁寧で、色合いも考えられていて、

素晴らしいですよね。

小さな手で小さな缶に丁寧にアレンジしてくれたことが、

私にとって、とても嬉しい作品でもあります。




こちらの作品は六角形の缶にアレンジした作品になります。

缶からお花があふれだしていて、キラキラとした生命力に満ち溢れていますよね。

デンファレ、マム、それぞれがきちんと引き立つように配置されていて、

グリーンの使い方、スイトピーの使い方もとても丁寧で、

丁寧にメインにならない花材を使うことで、全体のバランスが整い、

全ての花が活かされている様に思います。




こちらは、ご持参の重箱にアレンジした作品です。

斜めにデンファレを丁寧に配置して、しっかりとした紫のラインを作ったことで、

お重に合う、和的な雰囲気がすると思います。

スイトピーが和の柔らかさを伝えてくれるつつ、

マムはこの作品の場合は「菊」と呼んだ方が、しっくりします。

グリーンはお榊なのですが、その濃い緑も日本庭園の雰囲気を出してくれているようで、

器に合わせた雰囲気になっているのが素晴らしいですよね。




こちらは、長方形の箱に作られた作品です。

デンファレをクロス状に、お花の向きまで考えながら、丁寧に配置されています。

クロス状に配置するというアイディアも素晴らしいですし、

デンファレをここまで丁寧に配置したことも素晴らしいと思います。

また、クロスで仕切られた部分を

黄色のマム、ピンクのスイトピー、黄色のスイトピー、ピンク系のマム

それぞれでグルーピングしているデザイン性も素晴らしいですよね。

フラワーアレンジメントでありながら、現代アートの雰囲気すら感じさせてくれます。



いかがでしたか?

同じ花材を使っているにもかかわらず、

生徒さん、それぞれの世界観がまるで箱庭に表されるように作品で表現されているのが、

本当に素晴らしい事ですし、私も勉強になりますし、

だから、フラワーアレンジメントは楽しい!とも思います。


次回のレッスンは3月9日(土)です。

全くの初心者の方、久しぶりにお花を触りたいという方、

子供連れで週末に息抜きしたい方、

(ハサミを使いますので、お子様の怪我等にはお気を付けください)

すべてのレッスンへの参加でなくて、全くOKの気軽なお教室ですので、

参加してみたいという方は、是非、下記までご連絡ください。

kiyo.happyroom@gmail.com


KIYOでした。


#フラワーアレンジメント #お花教室 #狛江 #Lemongrass #LemongrassKIYO

#KIYO

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

© 2018 by KIYO, Proudly created by Wix.com