• Lemongrass KIYO

第7回「はじめてのフラワーアレンジメント」レッスンレポート

こんにちは。

KIYOです。

レポートが遅くなりましたが、10月20日(土)に

第7回の「はじめてのフラワーアレンジメント」のお教室を開催しました。


秋も近いということで、

秋らしいアレンジメント、ハロウィンアレンジを

フリースタイルで行いました。


ガーベラ、オンジューム、スプレーマム、スプレーバラ、

雪柳、すすき、かぼちゃ、松ぼっくり

などを使って、自由にアレンジをしていただきました。


基本の形も大切ですが、

たまには、自由にアレンジしていただくのも、

生徒さんたちの個性や、その時の気分によって、

全く同じ花材を使っているのに、

全く違う作品が出来上がるので、

お教えしている私自身にとっても、新鮮&刺激的でした。


こうして4作品を並べてみると、展覧会の作品みたいで、

とても素敵ですよね。



存在感のあるガーベラを中心に、

マムやバラがよい具合に配置されていて、

松ぼっくりの暖かさとススキの広がりが対照的で、

コンパクトですが、秋らしい緩やかな動きが素敵な作品ですよね。



普段はこの方は、丸めの作品を作られることが多いのですが、

すべての素材を垂直に、平行にアレンジしたところに、

新しいアレンジへの挑戦がみられました。

作成中はバランス等に苦戦されていましたが、

高さのあるススキに対して、

重さのあるカボチャや松ぼっくりを下にまとめたことで、

上下の間の平行に配置されたお花が、空間の中で、存在が活かされていますよね。



この方は、参加2回目の生徒さんですが、

最初はお花が空間的ではなく、平面的に配置されていたのですが、

マムを前面の下方にまとめたことで、重心が出来、

その後ろの松ぼっくりやカボチャが、活きていますよね。

また、後方に向かって、高さを出されたことで、

作品からの広がりが感じられますし、雪柳の使い方も素敵だと思います。




こちらの作品は、長いカボチャの配置に対して、

ススキをそのまま使うのではなくて、丸めたことで、

斜めのラインが安定感を与えてくれていますよね。

ススキを丸めるアイディアは私にはなかったので、とても新鮮でした。

あえて、左右でガーベラとマムと花を分けたことで、

ガーベラの花の大きさと広がりに対して、

マムの色合いと、花の密集している感じがちょうどよいバランスで、

そこにバラを上手に使われていると思います。


本当にどの作品も、素敵な作品だと思います。

そして、生徒さんのアイディアや、技術の進歩に驚きました!


こちらの作品は皆さん1時間で作られています。


教えている私が、色々なアイディアを教わっているような

感じがしています。


そして、レッスンの後は、

珈琲や紅茶、ハーブティで、おしゃべりタイムをゆったりと

過ごさせていただきました。


次回のレッスンは11月25日(日)10時からです。

花材、レッスン料全て込みで2000円のレッスンになっています。

ご興味を持たれた方は、いつでも参加OKですので、

こちらまで、ご連絡ください。(kiyo.happyroom@gmail.com)


KIYO


#フラワーアレンジメント #お花 #お花レッスン #習い事 

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

© 2018 by KIYO, Proudly created by Wix.com