• Lemongrass KIYO

是枝監督「真実」を観てきました

こんにちは。

上級心理カウンセラー&

マインドフルネススペシャリスト、

マインドフルネスカウンセラーのKIYOです。


昨日、ハロウィン警戒中の渋谷で是枝裕和監督、

カトリーヌ・ドヌーブ主演、

ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホーク出演、

カンヌ映画祭オープニング作品の「真実」を観てきました。



色々な新聞やNHKなどでも取り上げられていた

話題作だったので、さぞかし映画館は満員かと思いきや...

ガラガラでした。



映画を観てみると分かるのですが、

実はすごく難しい映画なんです。


それはなぜか。「真実」というのは、

辞書によれば「嘘偽りのないこと」と

書いてはありますが、

人間における「真実」というのは、

本人が思う事と、

相手が思う事と異なることも多いからです。


例えば、気を見て森を見ず、

ではないですが、一つの真実があったとしても、

その他の事が真実ではないと、

もしくは明らかにされないと、

受ける印象も感じ方も違いますよね。


明かな真実はあります。

「信号が赤だから止まった」

これは簡単な真実で事実です。


「彼女は髪の毛が黒だからアジア系だ」

これはどうでしょう?


欧米の人でもアフリカの人でも、

世界中に黒髪の人はいるわけで、

正しい解釈にはならないですよね。



そんな感じの映画なんです。

それぞれの登場人物の発言、行為、

全てが「真実」であるのか、

最後まで、それぞれの登場人物も

判断出来ているのかは、分からないですし、

観ている観客にも判断するのが難しい作品なのです。



そうした難しさに、

是枝監督は「真実」というタイトルをつけ、

丁寧に脚本を作り上げていったようにも感じます。

ある意味、他の作品のように、

観終わった後に、なんだか心が温かくなる、

自然と涙が出る、あーこういう家族もありなんだなぁ、

といったメッセージを受け取りやすいものとは、

異なっている様に感じます。



また、舞台がフランスということもあり、

フランス映画のようにも見えますが、

是枝作品の独特の日本の雰囲気、

音楽があって、シーンごとに印象が異なっていて、

それがあえてなのか、そうでないのかも分かりません。


例えていうなら、ドレッシングのような作品で、

振ると油と液体が混ざり合って乳化した状態に

なりますが、少し置いておくと、

油の層と液体の層に分離していて、

分離すると、また振って乳化した状態にする。


そんな雰囲気の映画なので、

カット、シーン、音楽、カメラ回し、からも

私は困惑されてしまいました。


あえて、作品の内容については書きませんが、

日本よりも、フランスでの評価が

高くなる映画なのかな?と思いましたし、

もしかしたら多くの人に観られる映画では

ないのかもしれません。


これが、監督の意図で挑戦状なのか、

そうでないのかは知る由はありませんが、

興味のある方は、是非、映画館へ足をお運びください。


KIYO

#映画#真実#是枝裕和#カトリーヌ・ドヌーヴ#LemongrasssKiyo

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

© 2018 by KIYO, Proudly created by Wix.com