• Lemongrass KIYO

「ピアニスト」母と娘の関係性に一石を投じた作品

こんにちは。

KIYOです。


今回は、 2001年のフランスのドラマで、

2001年のカンヌ国際映画祭にて審査委員グランプリ、

男優賞、女優賞の3つを受賞した、評価の高い作品をご紹介します。

予告編はこちら↓

https://www.youtube.com/watch?v=807SEm_xffQ



厳格な母に育てられた主人公のエリカ(39歳)は

名門音楽院でピアノ教授としてレッスンを行うものの、

そのレッスンは、自身の母親に抑圧されている部分に対抗するように、

生徒に対して、非常に厳しいものです。


そして、エリカは自身でもいうように

感情を表情に一切表しません。


母親は異常なほどに過干渉

娘は激しく反抗するものの、結局のところ母を受け入れてしまいます。


そんな時に、若く美しく才能のある青年と出会います。

エリカと青年は惹かれあうのですが…


というお話です。


正直、エリカも母親も精神的な大きな問題を抱えています。

映画自体に不快感を感じる人も多いでしょう。


しかし、私はこの映画が好きで、

3回以上は観ています。


というのも、ピアノの演奏が、演者によって

こんなに変わるのか、

精神的状態によって、こんなに変わるのか、

という程、はっきりとピアノをベースに物語が進められている点が

好きですし、


母と娘の関係性のあり方を考えさせてくれる映画だからです。

もちろん、ここまで極端な関係は普通はないかと思いますが。


また、イザベル・ユペールの演技が素晴らしい!!

無表情の下の感情を微妙に表現しています。

それは、目の色だったり、背中たったり、肌の色だったり…

素晴らしいです。


中々、男性には受け入れにくい映画かとは思いますが、

精神的に余裕がある時に

ご覧になられることをお勧めします。


Amazonからの視聴はこちら↓

https://amzn.to/2FBJRtz


KIYO


#フランス映画 #イザベルユペール #ピアニスト #ピアノ #ショパン #シューベルト

#母と娘 #毒母 #映画 #KIYO

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

© 2018 by KIYO, Proudly created by Wix.com