• Lemongrass KIYO

お酒を飲むと楽しくなる理由

みなさん、こんにちは。

上級心理カウンセラーのKIYOです。

(先日、上級のライセンスを取得しました)


様々なニュースが流れている今日この頃ですが、

お酒が関係している話題が特にショッキングだったかと

思います。


今回はアルコール依存症のお話ではなく、

なぜお酒を飲むと楽しい気分になるのかを

お話したいと思います。



お酒は百薬の長とも言われている様に、

正しくお付き合いすれば、

健康を害することも少ないかと思います。


もちろん、飲みすぎや、体質など人にもよりますので、

全ての方に対しての事ではありません。


実は、お酒(アルコール)を飲むと、

ドーパミン」という神経伝達物質が脳内で分泌が促進されます。

この「ドーパミン」は「楽しい」という感情を持った時に分泌されるものです。

ですから、お酒を飲むと脳内が「楽しい」状態になるのです。


けれども、「ドーパミン」が分泌されると、

それに対して、「楽しみすぎない」ように、それを抑制し、

気持ちを落ち着かせる(ストレスの解消にも関係する)「GABA」という物質も

分泌されます。


しかし、アルコールはそうした抑制する物質の分泌を抑えたり、

作用を抑制してしまう力もあるのです。


ですから、お酒を飲むと、どんどん楽しい気分になってしまうのです。


また、うつ病の方などは良くご存知かと思いますが、

幸せ物質ともストレス抑制物質ともいわれる「セロトニン」の分泌も

アルコールによって促進されます。

つまり、楽しく、心身のストレスが解消されたような状態になります。


また、ストレスホルモンとも呼ばれる緊張に関係する

副腎皮質ホルモン」や「ノルアドレナリン」の分泌が

アルコールによって抑制されます。

これによっても、ストレスによる体の緊張がほぐされてます。


ここまで書いてしまうと

「お酒は楽しくしてくれる」

「お酒はストレスを解消してくれる」

と推奨しているかのように感じられてしまうと、

ちょっと困ってしまうのですが、

こうしたプラスの効果があるということは

マイナスの効果ももちろんあります。


アルコールが脳内物質の「NMDA受容体」と結びつくと、

記憶力や学習能力が低下します。


また、アルコールは神経細胞を死滅させるとも言われています。


皆さんは、ご存知の事、ご周知の事かもしれませんが、

いくら楽しくなって、ストレスが発散できると言っても

それを求めて飲酒すること、

つまり「ストレスが溜まったからお酒を飲む」というパターンは

深酒、アルコール依存症に陥りやすいパターンです。


また、アルコールの量が多いほど、神経細胞の死滅量も増えるそうです。


くれぐれも、アルコールはほどほどに。


そして、ストレスを感じているならば、お酒に頼るのではなく、

他のストレス対処法(コーピング、これについては今後説明していきます)を

行ってください。


また、こちらからアルコール依存症のチェックが出来ますので、

一度、ご自身の飲酒量がどのようなレベルなのか、

チェックされることをお勧めします。

http://alcoholic-navi.jp/checksheet/


ちなみに、私はほぼ毎日お酒を飲みますが、

スコアは10でした。


それでは、

皆さんが楽しくお酒とお付き合いが出来て、

少しでも良い一日を過ごせますように。


KIYO


#女性カウンセラー #カウンセリング #カウンセリングルーム #カウンセラー

#KIYO #アルコール依存症 #ドーパミン #セロトニン #ストレス #メンタルヘルス

#疲労

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

© 2018 by KIYO, Proudly created by Wix.com