• Lemongrass KIYO

「いずれがあやめ、かきつばた」本当に見分けが難しい

こんにちは。

KIYOです。


5月5日の子供の日に「菖蒲湯」に入られた方も多いのでは?

また、お散歩をしていて咲いている花が

「しょうぶ?あやめ?かきつばた?」と思っている方も少なくないはず。



上の写真は、昨日、私がお散歩中に撮影したものです。

今日は私自身も悩む、

しょうぶ、あやめ、かきつばたの見分け方をお教えします。

さて、この写真はしょうぶ?あやめ?かきつばた?


まず、最初に、

「菖蒲湯」に使われる「菖蒲(ショウブ)」は皆さんが思っている「菖蒲」では

ありません。

じつはショウブ科に分類されるものの、以前はサトイモ科に分類されていた、

ガマのような花が咲くお花です。

皆さんがイメージしている「菖蒲」とは異なるのです。

驚きですよね。


皆さんが「菖蒲」と思われているものは「花菖蒲(ハナショウブ)」になります。

そして「アヤメ」を漢字で書くと「菖蒲(アヤメ)」と、

なんと「ショウブ」と同じになってしまいます。

つまり、それ位にているということなんですよね。

「カキツバタ」は「杜若」と書きます。

この3つは「アヤメ科アヤメ属」なので、本当に見分けがつきません…

それでも、見分ける方法がありますので、

その5つのポイントをお読みください。



1.咲いている場所

「ハナショウブ」:陸から水辺の半乾燥、もしくは水湿地に生育

         「カキツバタ」に比べると乾燥地に生育できる。

「アヤメ」:畑や路地など乾燥した地域に生息

「カキツバタ」:水辺などの湿地に生息


2.咲く季節

「アヤメ」が5月上旬に咲き、

それに続いて「カキツバタ」(5月中旬)、

「ハナショウブ」は5月中旬から6月下旬まで。


3.花の大きさと高さ

「ハナショウブ」は大輪で、背が一番高い(80~100cm)

「アヤメ」は小さな花で、背が一番低い(30~60cm)

「カキツバタ」は花の大きさは「ハナショウブ」と「アヤメ」の中間で、


4.葉で見分ける

「ハナショウブ」は、葉の中心に、くっきりとした葉脈が見える。

「アヤメ」は、細長い葉

「カキツバタ」は、葉脈はあるもののくっきりとはしておらず、幅広い


5.花で見分ける

「ハナショウブ」は種類が多く、紫系や黄色系、絞り等いろいろな花がありますが、

どれも、花弁の根元に黄色の目の形の模様があります。

「アヤメ」は花弁の根元に網目状の模様があります。

「カキツバタ」は花弁の根元に白い目型の模様があります。


いかがでしたか?

見分けられそうでしょうか?


では、これらを踏まえて最初のお写真をご覧ください。

答えはお分かりですか?

私も良く考えたのですが、アヤメの一種かと思います。

お恥ずかしながら、自信はありません。


やはり、見分けるのは難しいですね。

それでも、この季節の美しく、凛としたお花を楽しんで頂ければと

思います。


今日も、一日が少しでもHappyが感じられ、

感謝できます日でありますように。


KIYO


#ショウブ #菖蒲 #かきつばた #カキツバタ #しょうぶ #あやめ #アヤメ

#見分け方 #杜若 #KIYO

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

© 2018 by KIYO, Proudly created by Wix.com