​Blogではメンタルに関することだけではなく、私自身を知って頂く為にも、私の趣味や他の活動についてもご紹介していきたいと思います。

Latest Articles 

もしもタイムマシンに乗れたら

こんにちは。 上級心理カウンセラー& マインドフルネススペシャリスト マインドフルネスカウンセラーの KIYOです。 もしもタイムマシンに乗れたら? あなたは過去に行きたいですか? それとも未来に行きたいですか? 過去に行きたい、という方は、 過去のどこかに後悔や思いがあるのでしょう。 未来に行きたい、という方は、 好奇心やもしかしたら不安があるのかもしれませんね。 人は最低でも一日に75回の選択を行っていると言われています。 朝、何を着ていくか どの車両に乗るか お昼に何を買うか スーパーで何を買うか そんな、日常的なことを含めて、 誰に何をどう言うか ある人にどう接するか そんなコミュニケーションも選択に入りますよね。 そんな選択が積み重なって、 日々が過ぎていくものです。 過去に失敗や後悔となったことがあったとしても、 本田宗一郎も言っている様に 「失敗しない人はかわいそうだ、 なぜならそこから学ぶことができないから」 人はそこから、なにかしら学んだり、 悲しみを力に変えることが出来ると思います。 もちろん、大災害や悲惨な事件などの被害者の

為せば成る、の上杉鷹山について

こんにちは。 上級心理カウンセラー&マインドフルネススペシャリスト マインドフルネスカウンセラーの KIYOです。 皆さんは上杉鷹山という人をご存知でしょうか? 米沢藩(山形県)の9代目藩主です。 鷹山の名で知られていますが、この名は隠居してからの名前です。 上杉と言えば、上杉謙信も有名ですが、 上杉鷹山はその言葉の方が有名かもしれませんね。 「為せば成る」 この言葉をご存知の方も多いのではないでしょうか? また、ケネディアメリカ大統領が、 日本人で最も尊敬する政治家として、上杉鷹山を挙げたことも有名です。 ですから、以前、ケネディ駐米大使が米沢を訪問したことも有名です。 そして、クリントン大統領も最も尊敬する日本の政治家と述べています。 彼の功績は質素倹約を自ら進め、 治水などにも積極的に取り組む傍ら、 学問の門戸を平民にまで広めたことも有名です。 公立の高等学校では、日本最古の「興譲館」を作りました。 そして、その興譲館は未だに地元では有数の進学校です。 東北の飢饉を質素倹約や、 生垣に「うこぎ」(食べられるもの)にすることを推奨したり、 様

心のケアをしている日本人はたった15%⁈

こんにちは。 上級メンタル心理カウンセラー&マインドフルネススペシャリスト マインドフルネスカウンセラーの KIYOです。 1月に入ると寒さが一層深まり、 インフルエンザの流行のニュースも流れていますが、 皆さん、健やかにお過ごしでしょうか? ある調査によると、 日本人で健康に気をつかっている人は約60%とのことです。 その中で、 病気の予防に気をつかっているいる人は62% 体型維持やダイエットに気をつかっている人は59% 美容に気をつかっている人は30% だそうです。 さて、こうした健康に気をつかっている人の中で、 メンタルに気をつかっている人は何パーセントだと思いますか? 美容に気をつかっている人より多いでしょうか? 少ないでしょうか? 答えは26% この数字を多いと感じますか? それとも少ないと感じますか? つまり日本人でメンタルに気を付けて生活している人は 日本人全体の15%ということになります。 約6~7人に1人しか、メンタルに気を付けて生活していないことになります。 私はこの数字に、少し驚きました。 日本語には「心技体」という言葉があ

朝のひとときのルーティン化

おはようございます。 メンタル心理カウンセラーのKIYOです。 皆さん、今朝はすっきりと起きることが出来ましたか? それとも、会社に行かなきゃいけない、家族の為に朝食を作らなきゃいけないと、 本当はもっと寝ていたいけれど、やっとのことで起きましたか? 朝をすっきりと迎えることは、 実はメンタルな問題を抱えている人も、 元気な方でも難しいことが多いものです。 どうしても起きなければいけなければ、起きなければならないですが、 そうでない方は、あと30分、1時間と2度寝しても良いと思います。 ただ、そのまま布団の中で過ごすことは、 よっぽど具合が悪い状態でなければ、お勧めしません。 実は規則正しい生活が、すっきりとした朝に 将来的にはつながるからです。 まずは症状が重くない、そして健康な方について書きますが、 毎朝、皆さんは何を行いますか? トイレに行く 顔を洗う 歯を磨く 朝食をとる 着替える いつものTVを観る などが一般的でしょうか。 これを皆さんはルーティーン化して あまり気にせずに行っているかと思いますが、 より良い朝を迎えるために、 これら