​Blogではメンタルに関することだけではなく、私自身を知って頂く為にも、私の趣味や他の活動についてもご紹介していきたいと思います。

Latest Articles 

もしもタイムマシンに乗れたら

こんにちは。 上級心理カウンセラー& マインドフルネススペシャリスト マインドフルネスカウンセラーの KIYOです。 もしもタイムマシンに乗れたら? あなたは過去に行きたいですか? それとも未来に行きたいですか? 過去に行きたい、という方は、 過去のどこかに後悔や思いがあるのでしょう。 未来に行きたい、という方は、 好奇心やもしかしたら不安があるのかもしれませんね。 人は最低でも一日に75回の選択を行っていると言われています。 朝、何を着ていくか どの車両に乗るか お昼に何を買うか スーパーで何を買うか そんな、日常的なことを含めて、 誰に何をどう言うか ある人にどう接するか そんなコミュニケーションも選択に入りますよね。 そんな選択が積み重なって、 日々が過ぎていくものです。 過去に失敗や後悔となったことがあったとしても、 本田宗一郎も言っている様に 「失敗しない人はかわいそうだ、 なぜならそこから学ぶことができないから」 人はそこから、なにかしら学んだり、 悲しみを力に変えることが出来ると思います。 もちろん、大災害や悲惨な事件などの被害者の

大学時代の仲間とのランチ

こんにちは。 KIYOです。 今日は大学の研究室時代の仲間と その中の一人が海外赴任先から、 一時帰国していると言うので、 久し振り、三年位前?ぶりに集まりました。 驚いたのは、皆んな本当に、 変わらない!!ってこと。 皆んなには、魔法がかかってるのかな?って 思いたい位、自分が老け込んでるのが、 なんだか、恥ずかしくなっちゃいました。 それでも、口を開けば、 今のこと、過去のこと、未来のこと、 いろんな話題が時空を超えて話されるのに、 どれもしっくりとしていて、 食べるのが追いつかなかった位です。 こういう様にすごいスピードで 話題がクロスしつつも、 笑いながら楽しめるというのは、 すごいことだなぁ…と素直に思いました。 限られた時間の中で、 ギュギュギュッとした内容でした! しかし、最後の方に、皆んなで 学生時代の写真を見たら、 明らかに、写真の中の私達は若かった(爆笑) 全然変わらないね〜って、 心から思ったのに、 最後は、写真に現実を突きつけられちゃって、 また、そこで大笑い😆 忙しい時間を過ごしているからこそ、 こうした、時空を超える

今週末はゆっくり休んで下さいね。

こんにちは。 上級心理カウンセラー マインドフルネススペシャリストの KIYOです。 今週もお仕事に、家事、 そして夏休みが始まった方など 皆さん、お疲れ様でした。 今週は関西方面で梅雨明けした一方、 関東では、豪雨のあった地域、 夜には雨と言われつつ、降らなかったり、 台風が上陸したりと、 お天気がなんとも、 定まらない週でもありましたね。 こうした時は 晴れと雨の差 気温の差 気圧の差 などで、元気な人であっても、 自律神経が乱れがちになって、 疲れがなかなか抜けない、 寝てもまだ体がだるい、 食欲がない、 やる気が起きない、 などの症状が出がちです。 これは、今、精神的に不安や疾患を 抱えている人にとってもキツイですが、 元気な人にも、ツライ状況です。 そういう時には、 ゆっくりと過ごしたり、 趣味を楽しんだり、 ぬるめのお風呂にゆっくりとはいったり、 体をマッサージしたり、 して、リラックスさせる副交感神経を 優位にしてあげましょう。 逆に、 疲れやだるさを感じているのであれば、 無理な運動や 刺激物の摂取、 冷たいものばかりを食べるなど

為せば成る、の上杉鷹山について

こんにちは。 上級心理カウンセラー&マインドフルネススペシャリスト マインドフルネスカウンセラーの KIYOです。 皆さんは上杉鷹山という人をご存知でしょうか? 米沢藩(山形県)の9代目藩主です。 鷹山の名で知られていますが、この名は隠居してからの名前です。 上杉と言えば、上杉謙信も有名ですが、 上杉鷹山はその言葉の方が有名かもしれませんね。 「為せば成る」 この言葉をご存知の方も多いのではないでしょうか? また、ケネディアメリカ大統領が、 日本人で最も尊敬する政治家として、上杉鷹山を挙げたことも有名です。 ですから、以前、ケネディ駐米大使が米沢を訪問したことも有名です。 そして、クリントン大統領も最も尊敬する日本の政治家と述べています。 彼の功績は質素倹約を自ら進め、 治水などにも積極的に取り組む傍ら、 学問の門戸を平民にまで広めたことも有名です。 公立の高等学校では、日本最古の「興譲館」を作りました。 そして、その興譲館は未だに地元では有数の進学校です。 東北の飢饉を質素倹約や、 生垣に「うこぎ」(食べられるもの)にすることを推奨したり、 様

心のケアをしている日本人はたった15%⁈

こんにちは。 上級メンタル心理カウンセラー&マインドフルネススペシャリスト マインドフルネスカウンセラーの KIYOです。 1月に入ると寒さが一層深まり、 インフルエンザの流行のニュースも流れていますが、 皆さん、健やかにお過ごしでしょうか? ある調査によると、 日本人で健康に気をつかっている人は約60%とのことです。 その中で、 病気の予防に気をつかっているいる人は62% 体型維持やダイエットに気をつかっている人は59% 美容に気をつかっている人は30% だそうです。 さて、こうした健康に気をつかっている人の中で、 メンタルに気をつかっている人は何パーセントだと思いますか? 美容に気をつかっている人より多いでしょうか? 少ないでしょうか? 答えは26% この数字を多いと感じますか? それとも少ないと感じますか? つまり日本人でメンタルに気を付けて生活している人は 日本人全体の15%ということになります。 約6~7人に1人しか、メンタルに気を付けて生活していないことになります。 私はこの数字に、少し驚きました。 日本語には「心技体」という言葉があ

上映中!「ボヘミアン・ラプソディ」で震える

こんにちは。 KIYOです。 先日、映画館でQueenの伝記的映画の 『ボヘミアン・ラプソディ」を観てきました。 私はお家で、ほぼ毎日映画を観るのですが、 映画館で観た方が良いなぁっていう映画は、 映画館に行きます。 この前は「グレィティスト・ショウマン」 この映画も映画館で見て、 感動しました!! とりあえず、 こちらが『ボヘミアン・ラプソディ』の予告編です。 フレディー・マーキュリーがフレディー・マーキュリーになっていく過程から、 世界を熱狂させるパフォーマーになるまでを描きつつ、 バンドメンバーも丁寧に描かれています。 特に、ブライアン・メイは個人的にはそっくりだと思っちゃいました。 個性も音楽性も異なる彼らが、 バラバラだからこそ、作り上げた、 耳に残る、口づさめる、心にいつまでも残る、 そして、思わず体を動かさずにいられない音楽 それらが、実際のQueenのメンバーが音楽総監督をすることで、 実際の音源などが利用され、 まるで、映画館がライブ会場のように感じる 素晴らしさでした。 私はエグゼクティブシートで観たので、 多少、体を動かして

樹木希林さんの一面広告から

こんにちは。 上級メンタル心理カウンセラー&マインドフルネススペシャリスト マインドフルネスカウンセラーの KIYOです。 秋が暖かいのか、寒いのか、 今年の秋は、夏もですが、 なんだか、風変りですね。 こんなお天気ですから、 皆さん、お身体ご自愛くださいね。 先日、新聞にこんな一面広告が出ていました。 (愛犬がどうしても新聞からどいてくれませんでした(-_-;)) 宝島社の広告ですが、 内田裕也さんと樹木希林さん、そして本木雅弘さんファミリーの家族写真と共に、 樹木希林さんのメッセージが書かれていました。 「絆というものを、あまり信用しないの。期待しすぎると、お互い苦しくなっちゃうから。 だいたい他人様から良く思われても、他人様はなんにもしてくれないし(笑)。 迷ったら、自分にとって楽なほうに、道を変えればいいんじゃないかしら。 演技をやるために役者をいきているんじゃなくて、人間をやるために生きているんです。 代表作?ないのよ。助演どころか、チョイ役チョイ役って渡り歩く、チョイ演女優なの。 自分は社会でなにができるか、と適性をさぐる謙虚さが、女

第4回「はじめてのマインドフルネス」レッスンレポート

こんにちは。 上級メンタル心理カウンセラー&マインドフルネススペシャリスト マインドフルネスカウンセラーのKIYOです。 2018年9月29日、当初30日に予定をしておりましたが、 台風の影響を考え、急遽、場所を喫茶店の個室にし、 いつもと違う雰囲気の中で行いました。 ホワイトボード等はないですが、 生徒さんと私の距離が近く、 クローズドの環境で、コーヒーを飲みながらということで、 いつものレッスンよりも、より質疑応答や生徒さんのお話を聞きやすい環境に してくれたと思います。 また、参加人数や内容に合わせて、こうした喫茶店等でのレッスンも良いですね、 と生徒さんとレッスン後の振り返りでお話をしました。 今回のレッスンでは、マインドフルネスによる脳機能への効果について、 研究元(○○大学の○○博士のレポート)を明らかにしながら、 お伝えしました。 まず、脳には「可塑性」があることはご存知でしょうか? 脳が機能的にも構造的にも変化するということです。 マインドフルネスを行うことで、 よく言われていることは 脳神経回路の変化、海馬の変化、扁桃体の変化な

第3回「はじめてのマインドフルネス」レッスンレポート

こんにちは。 上級メンタル心理カウンセラー&マインドフルネススペシャリストのKIYOです。 2018年9月17日、敬老の日に行いました 第3回マインドフルネスの講座「はじめてのマインドフルネス」の レポートをお届けします。 今回のレッスンでは、生徒さんの「自己肯定感」を高める内容で行いました。 まずは「観察するマインドフルネス」 これは五感を使って、物を観察するマインドフルネス瞑想法です。 誰でも、どこでも、何でも行えるので、 「呼吸瞑想法」など、場所を選ぶ瞑想法に比べ、 気軽に取り組めるメリット、そして、観察に集中することで、 雑念が湧きにくいメリットがあります。 生徒さん達も、多少の雑念は湧かれたようですが、 集中して行われていました。 この瞑想法を日々の生活に取り入れることで、 自己観察にもつながり、 日々の自分の心の状態や体調などを把握しやすくなります。 その後、自己肯定感についてご説明しました。 日本人の自己肯定感が低いことは、良く知られていることですが、 自己肯定感は「自尊心(プライド)」と「自慈心」から構成されています。 「自尊心」